• Toshiyuki Tanaka

フェニックスカントリークラブ(宮崎県)導入初日の様子です。


無事納品完了でいよいよコースでお使いいただく初日です。本格的に暑くなる夏までに・・というご依頼だったのですが、梅雨とは言うものの宮崎はすでにほぼ夏。到着を首を長くして待っていただいていたこともあり新しいキャディカートの到着に大変喜んでいただけました。

こちらのコースではヤマハさんが以前生産されていたエンジン式の立ち乗りキャディカート 「ターフメイト」を何台かお使いになられていることもあり皆様基本的な使用方法はすぐにイメージが付くようなので、主に電動カート特有の電磁ブレーキやロックに関してご説明しているところです。【写真 下】 電動カートのMOVEの場合、左手についている油圧式のブレーキはあくまで緊急時の安全装置。基本的には右手のアクセルのオンオフで走る・止まるの両方をコントロールします。

ということで、簡単な説明だけで終了。ここからは全国どこのコースでも同じくキャディさんによるカートの機能拡張が始まります。。

フェニックスさんでは統一したバッグでキャディ業務に必用なグッズをお持ちになっていらしく皆さんで相談しながら何をどこに取り付けるかのルールがどんどん出来上がっていきます。私達は見てるだけ。。 前モデルSR-01はかなり重量に対する問題があったのでとにかく余計なものはつけないでとお願いしなければだめだったのですが、SR-02は大幅に強化してあるので全然へっちゃら、どんとこいです。ただし、芝への攻撃性は上がってしまうのでほどほどに・・ですが。

それぞれお客様のバッグを積み込んでスタート準備中。大型バッグ4本をラクラク収納できる搭載力はかなりご好評いただけました。

すべて準備完了のフル積載状態です。何も荷物を積んでいない状態で人がステップに乗るとフロント部分がかるすぎる感じがあるのですが、あくまでコース内での業務を想定して作っておりますのでこの状態がベストなバランスになるように設計しております。 ということで、いよいよスタート。

ターフメイトが少しあることや、以前MOVEの試乗車をお貸ししていたことがあるとはいえ、皆さんなれるのの早いこと。。びっくりするくらいあっさりとスタートです。

お客様のじゃまにならないように離れたところから見学していましたが1番ホールでもう十分に電磁ブレーキにも慣れ乗りこなしておられる感じです。

MOVE SR-02の最高速は10.5キロ。実はいろいろとテストしている中で11キロを超えていった段階で段差やコースの凸凹を超える際の衝撃が急に大きくなりサスペンションの効果が半減してしまうため、足腰への負担を考えるとこれ以上は必要ないと判断しています。キャディさんからはもう少し早くしてほしいとのご要望もありますが、歩いておられるお客様とのペースを考えてもこれがベストチョイス。その分モーターのパワーをトルクに振ったギアにしておりますのでおそらくゴルフ場で考えられる坂道で登れない坂はないと思います。

全車スタート完了。このあとハーフで上がってきたカートの状態を確認して無事納車完了。さて、またフェリーで滋賀に戻りますが、帰りはちょっと遠回りで大分〜大阪便のさんふらわあ。フェリーまでの待ち時間に別府で温泉に浸かることをもくろんで急いで移動です。。

めちゃくちゃ歴史のある竹瓦温泉を堪能。しかし熱かった! さて帰ったらプレイヤー用の一人乗りの製作でいそがしいそがしです。^^

#MOVE #フェニックスカントリークラブ #電動立ち乗りカート #電動立ち乗りゴルフカート #キャディカート

13回の閲覧
MOVE co.,ltd.
有限会社ムーブ
tel:0749-53-2436
contact@standing-ride.com

〒526-0013 滋賀県長浜市新庄寺町152

お問い合わせフォーム
  • Facebook - 一人乗りカート

MOVE |立ち乗り電動キャディカート