MOVE SR-03はこう使ってほしい!

本日はメンテナンスで浜野ゴルフクラブさんへ。

18番終了でクラブハウスに向かうところ。ここからフルスピードで戻りお客様をおまたせすることなくクラブ確認へ。細かいところで少しづつ短縮されるので全体として進行ペースにもかなり良い影響が出てきます。

9番グリーン横の様子。時間的にも体力的にも余裕が出てくることでお客様への対応もよりスムーズに

今年はレンタルとしてお使いいただいたのですがもうすっかりキャディさんの道具として使いこなしていただいているようです。先日、MOVEを使うようになった今年はキャディさんが一人も熱中症で運ばれることがなかったとお褒めの声をいただきました。少し心配したメンバーさんからの評価も良いようで、もうすっかりこのコースの風景として定着してきたとのこと。 なにより、導入の大きな目的であるキャディワーク負荷の軽減を実感していただけていることは嬉しい限りです。

朝の積み込み風景(春撮影)。キャディさん自身がカート庫からカートを出してきてここでバッグを積み込みます。

スタート待ちの様子。

スタートホールに向かうキャディさん。もう皆さんすっかり乗りこなしていただいています。

こちらのコースでは一番新しいSR-03シリーズをお使いいただいております。何台かブレーキのキャリパーに芝のゴミや泥が詰まって音がしたというトラブルは有りましたがいずれも致命的なものではなく、非常に安定して稼働しています。

日曜日ということも有りたくさんのお客様。MOVEもフル稼働です。

また、こちらのコースではプレイヤー用2人乗り乗用カートとの並走も実施されています。SR-03でスピードアップを図ったのはまさにこの使い方を想定したもの。MOVEを導入していただくような名門コース様の場合、あえて歩きのプレイスタイルを好まれるプレイヤーさんがたくさんおられるのですが、特に暑さが厳しい真夏等にはカートを必要とされるプレイヤーさんも必ず一定数おられます。今後2人乗り乗用カートはリチウムバッテリー化が進み100キロ近く軽量化されるものと思われます。カート道のない名門コースさんにおいては、軽量2人乗り乗用カート乗り入れというスタイルは今後どんどん増えていくものと思われ、その場合のキャディ付きのスタイルとして+MOVEという選択肢をご提案しております。

乗用カートに続いて走るMOVE。十分なスピードでついていくことが可能です。

歩き、乗用カート、キャディカート混合の様子。今後MOVEが想定している最も多い形がこれになります。

上の写真の通り、このスタイルでは2人乗り乗用カートのバッグスタンドは使用しないことになります。(プレイヤー4人、2人乗り乗用カート2台とした場合キャディのスペースが有りません)以前は電動手押しフルスピード+駆け足で追いかけていたらしいですが昨今の真夏の暑さを考えればほぼ不可能な話。キャディ付きの場合は+MOVEのスタイルが最も効率のよいパッケージになると思います。


天候や時期によって乗用カートの乗り入れは制限されているとのことなのでいつでもというわけではないと思いますが、MOVE SR-03はこうやって使っていただくと効果的!というそのものをご覧いただけるコースさんになります。 現在ご検討中の場合、機会があればぜひこちらのコースをご見学いただくことをおすすめいたします。

76回の閲覧
MOVE co.,ltd.
有限会社ムーブ
tel:0749-53-2436
contact@standing-ride.com

〒526-0013 滋賀県長浜市新庄寺町152

お問い合わせフォーム
  • Facebook - 一人乗りカート

MOVE |立ち乗り電動キャディカート