• Toshiyuki Tanaka

LFPリチウムバッテリー サンプル到着

待ちに待ったMOVE用リチウムバッテリーのサンプルが到着しました。

コース乗り入れが基本となるMOVEにとって軽量・高出力のバッテリー確保は開発当初からの大問題。もちろんリチウムも検討はしてきましたが、価格と安全性に問題があり見送ってきたのですが、ようやくこれでバッテリー問題解決といってもいいものになったと思います。


これまで採用している鉛バッテリーと比べるとその能力差は圧倒的。


■充電可能回数 鉛:max500回 → LFPリチウム3500回

■重量     鉛:50Ah 42kg → LFPリチウム24kg△18kg

          80Ah 78kg → LFPリチウム24kg△54kg

■エネルギー  鉛:50Ah約1.6kWh → LFPリチウム1.92kWh

          80Ah約2.1kWh → LFPリチウム1.92kWh


まずはその寿命の長さ。毎日使用して充電したとしても約10年は劣化を感じることなく使える計算になります。ただ、おそらく毎日充電する必要はまったくないため実際にはさらに長くほぼ電池交換の心配はしなくてすむ事になりそうです。

大きさの比較。80Ah3本よりは少し小さく、50Ah3本よりは少し大きいサイズになります。

重量に関しては軽いの一言。24kgしかありません。従来の鉛バッテリーと比べると50Ahモデルの場合で18キロ、80Ahモデルの場合でなんと54キロも軽くなります。

ここまで軽くなると流石に少しバランスウェイトを入れる必要が出てくるのでそのまま軽量化とは行かないのですが、それでも40キロ以上軽くなるんじゃないかと。芝はもちろん、モーターやブレーキ、タイヤに関してもかなり優しくなると思います。

旧型SR-02への搭載テストの様子。特注なだけにピッタリ収まるのは当たり前なのですが、やはり実際に載せてみないことには安心できません。何度も痛い目にあっているので・・。今回は問題なく収まって一安心です。

航続距離に関しては実際に搭載して走ってみないとはっきりした結果は出せないのですが、まずは単純にエネルギーの比較


■エネルギー  鉛:50Ah約1.6kWh → LFPリチウム1.92kWh

          80Ah約2.1kWh → LFPリチウム1.92kWh


一見、ほとんど変わらないように見えるのですが鉛バッテリーの場合残量によって大きく電圧が変化してしまうので実際には全部を使用域と考えることは不可能・・イメージ的には良く見積もって80%くらいがマックスだと思います。対してリチウムの場合はスマホ等でもわかるようにほぼ0%まで同じパフォーマンスを出せるのでそれを考慮する場合・・


■エネルギー  鉛:50Ah約1.28kWh → LFPリチウム1.92kWh

          80Ah約1.68kWh → LFPリチウム1.92kWh


鉛バッテリー(鉛バッテリー)の場合、新品の状態で50Ahで2ラウンド、80Ahで3Rくらいというデータになります。(ただしバッテリーの寿命は短くなります)

あくまで現時点での期待ですが問題なく3R走れると良いなとは思いますがとにかくここは実装データ待ち。追ってご報告いたします。

旧型SR-02への搭載。ギリギリですが問題なし。配線関係も後部にスッキリまとまります。
ボディを乗せるとギリギリ。ですが、今後余程のことがないとバッテリー交換はないのでこれで問題なし
80Ahを積むSR-03には余裕を持って搭載可能。

早速SR-02、SR-03に載せてみました。とりあえず、サイズ等搭載に向けたテストは無事完了。問題なしです。

やはり特に80Ahモデルと比較した場合は前輪が浮きやすくなってしまうので少し前方部分にバランスウェイトを考える必要がありそうですがそれ以外は何も問題なし。


次回は、実装テストの様子をご報告いたします。

365回の閲覧
MOVE co.,ltd.
有限会社ムーブ
tel:0749-53-2436
contact@standing-ride.com

〒526-0013 滋賀県長浜市新庄寺町152

お問い合わせフォーム
  • Facebook - 一人乗りカート

MOVE |立ち乗り電動キャディカート